読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

御茶の水"NARU"でしっぽりと

Music

P8120156_2 本日は御茶の水"NARU"で、ジャズドラマー広瀬潤次さん率いる"SOund of JAzZ"のライブを楽しんでまいりました。

広瀬さんのドラムは、とにかくカッコイイんです。切れ味が鋭いナイフのようだったり、ライナスの毛布のような暖かさだったり。私は初めて聞いた時からすっかりファンになってしまいました。今回も広瀬さんの正確なリズムにメンバーたちの全面的な信頼があって、どんどんと演奏の渦が広がっていくようなスケールの大きさを感じました。さらに、広瀬さんのオリジナル曲もステキなんです!

3rd SetではNARUに遊びに来ていた(?)堀秀彰さん(P)とバークリーで修行中のベーシストさん(お名前失念)が急遽登場。It could happen to youを演奏されました。こんな風にふらっと来て、すぐに演奏が展開されちゃうのもJazzの醍醐味ですね。

【曲目】
<1st Set>
1. Keep your heart open (広瀬)
2. Blues is ... (広瀬)
3. Keep your sprits high (広瀬)
4. Just one of those things (C.Porter)
<2nd Set>
1. Swing like Monk (広瀬)
2. All the things you are (J.Karn)
3. Stompin' at the savoy (B.Goodman/C.Webb/E.Sampson)
4. The passionate life (広瀬)
<3rd Set>
1. It could happen to you (Jimmy van Heusen)  ※ゲスト演奏
2. The happiest day (広瀬)
3. The bridge of the rainbow (広瀬)
<アンコール>
Bye bye blackbird (R.Henderson)

【メンバー】SOund of JAzZ
広瀬潤次(Ds)片倉真由子(P)中村恭士(B)太田朱美(Fl)

※ゲスト演奏
堀 秀彰(P)、バークリーで修行中の方(B)+広瀬潤次(Ds)、太田朱美(Fl)