読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

第148回TOEIC結果発表&Toshimi Session@吉祥寺シルバーエレファント

TOEIC/English Music

今日、第148回のTOEICの結果がきておりました。結果はListening 370 Reading 370 で Total 740。前回から5点しか上がっていないので誤差の範囲ですね。まあ、7月は2週間カリフォルニアに行ったり、その後の3連休も大阪に行ったり、遊び放題でしたので無理もありません。

1_4

そうそうTOEICといえば、新しい会社では年3回までTOEICの受験料を補助してくれるそうです!補助金の取得条件は650点以上。なので、今の実力をKeepすれば(もちろん実力アップ狙ってますよ)、9月の受験料は戻ってきそうです。受験料が6,300円から5,700円に値下がりしたとは言え、5,700円(税抜)は結構な金額なので、最高3回分の17,100円が会社からいただけるなんて助かります。でも油断するとすぐに点数が落ちそうなので、650点切らないように日々がんばらないとですね。

でもって、今日も音楽ネタです…(汗)。
半年ぶりにToshimi Sessionに行ってきました。前回見に来た時のフロント陣に加えて、今回のドラムは榎本吉高さん。私は5年ぶりくらいに榎本さんにお会いしたのですが、実はメンバーの皆さま方も共演されるのは久しぶりとのこと。

今回のMCで永井さんは「今日はいつもと違って"爽やか"な感じだと思うんですが…」と言っておられましたが、すぐに客席から「え~?」との疑問の声が。Toshimi Sessionに"爽やか"って単語はありえないないですから~。だってひとくせもふたくせもある超難曲を何気なく軽々と弾きこなして、しかもやたらに早いリフもびったし合わせてしまうそんな変態的集団なのですもの(笑)。新澤さん曰く「今日は変拍子の曲がないからそう感じるんで、爽やかなんて錯覚ですよ、錯覚」と。確かにいつもは何拍子の曲なのか素人じゃ全然わからなくて、この人たちの頭の中は一体どうなっているんだろうと思うような訳のわからない変拍子の曲が多いので、永井さんが"爽やか"とうっかり勘違いしてしまったのはわかる気がします。はい。

そして今日も皆さんが妙技をいかんなく発揮し、キメやリズムチェンジの多い曲たちをグルーヴ感を出しつつスピーディーに演奏していくバンドの力量に圧倒され、気持ちよく帰宅したわけです。

Cimg0398 ところで、Toshimi Sessionのリーダー永井敏己さん、実は実家がお隣どおしなので小・中学校の先輩なのです(なので私は普段「永井先輩」と呼ばさせていただいてます。先輩、尊敬してま~す。写真はライブを終えて楽器をお片づけ中の永井先輩)。今でも親どおしはゴルフ友達(父×父)、茶飲み友達(母×母)として仲良くさせていただいているようです。子供の私としては近所に両親のいい仲間がいるのはありがたい話ですね。「遠い親戚より近くの他人」とはよく言ったものです。今、辞書を引いてみたら英語では
"Better is a neighbor that is near than a brother far off."
と言うんだそうな。あまり聞いたことないですね~。「遠い親戚より近くの他人」、確かにいかにも日本ならではの言い回しっぽいですものね。でも、だんだん日本でもそんな意識が薄れているような気もします。残念なことです。

【曲目】
<1st Set>
1. Black Market (Joe Zawinul)
2. 合わせ鏡 (新澤)
3. 夏の暮らし (弦)
4. An Echo (永井)
5. Busy With Traffic (榎本)
<2nd Set>
1. Beirut (M.Brecker、C.Loeb、M.Mainieri)
2. Mysteries Of Nature (榎本)
3. Spice Love (永井)
4. 風にそよぐ (新澤)
5. 滝廉太郎 (弦)
<アンコール>
Dance Of The Harlequin (永井)

【メンバー】
永井敏己(b)新澤健一郎(key)榎本吉高(ds)弦一徹(vn)