読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

古都・新羅の都を訪ねる

Travel

今週から一気に秋の気配が深まってきましたね~。この飛び石連休(10/31~11/3)、私は韓国を訪問し、慶州(キョンジュ)2泊⇒ソウル1泊と廻ったのですが、急に寒くなったのがよかったのか、木々が見事に色づいており、紅葉真っ盛りでとても美しかったです。

今回は韓国の新幹線と言われているKTX(写真右)に初チャレンジ。金浦空港からソウル駅までは地下鉄、ソウルから東大邸(トンテグ)までKTXを利用し、そこから慶州までは高速バスで移動しました。KTXには約1時間40分乗って指定席でも39,000ウォン、高速バスは1時間乗って3,900ウォンだから、わかりやすく10ウォン=1円(実際のレートは13ウォン=1円)として計算してみても、日本の新幹線などの交通機関と比較してかなり安いことがわかります。

Photo_2 慶州は高校時代の世界史でお勉強した朝鮮半島三国時代(高句麗百済新羅)の新羅の都なので、世界遺産の"仏国寺(プルグクサ・写真左)"、"石窟庵(ソックラン)"をはじめとして、23基の古墳を持つ"大陵苑(テヌンウォン)"という古墳公園、東洋でもっとも古い天文台の"瞻星台(チョムソンデ)" など、街のここらそこらに古い建造物や遺跡があり、日本の奈良の雰囲気を彷彿させます。中国⇒朝鮮半島⇒日本と古代文化が伝わってきた足跡が見えますね。仏教が百済から日本に伝来したのもこの時代。昔、語呂合わせで覚えたっけ。確か「いざや(538年)倭国へ仏教伝来」だったような気が・・・。

韓国はおいしいものが多く、日本と同様に各土地土地に名物がありますが、慶州は"サンパプ(包みご飯)"という葉野菜でご飯を包んで食べる料理が名物です。この"サンパプ"、サンチュやゴマの葉などの葉野菜にごはんを乗せ、サムジャンと呼ばれる味噌や、コチュジャンなどを乗せて包んでいただきます。ちなみに韓国語で、"サン"が包む、"パプ"はご飯を意味します。有名な"石焼ビビンパプ"のパプもこのご飯の意と同じです("ビビン"は混ぜるの意)。あれっ、いつの間にやら韓国語講座になってますね。

Photo_3 今回私が訪れたのは古墳公園"大陵苑(テヌンウォン)"の斜め向かいにある「チョンギワサンパプ」さん。ガイドブックにはあまり載っていないお店ですが、昔の韓屋を使った雰囲気のあるお店です。普通のサンパプ(写真右)でも机に乗りきらないくらいのおかずが付いてお値段は1人前8,000ウォン。プルコギサンパプ12,000ウォン/人というのもメニューにありました。もちろん、私のことですからお酒もしっかりいただきましたよ!左下に見える茶色の壷が「ドンドン酒(にごり酒)」です。ここのお店のドンドン酒は「トドッ(つる人参)ドンドン酒」だったので、少し漢方の味がしてクセがありますが、なんだか体に良さそうな感じがしました。ほどよく冷えていて、シュワシュワとした発泡感もあり、喉越しもよく、私はおいしくいただきました。

Photo_4 あともう一つ慶州で有名な食べ物が"皇南パン(ファンナムパン・写真左)"。まあ、言ってみれば普通のお饅頭なのですが(おっと失礼)、お店の前はかなりの行列ができてました。なんでもここのお店でしか買えないシロモノだそうで、次から次へとお客さんが来るわ来るわ。どうやら慶州観光ツアーのスポットにもなってるみたい。この皇南パンがヒットしたことで、○○パンという同じような商品があちこちにありましたが、どこもガラガラ。みんな元祖で買いたいわけなのねえ~。どこの国でも事情はいっしょのようです。