読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

特急シリーズファン感謝デー

TOEIC/English

TOEIC界の"嵐(ARASHI)"と呼ばれ(←呼ばれてないか)、現在人気沸騰中の特急シリーズの著者5人衆が一堂に会するイベント「特急シリーズファン感謝デー」に参加してきました。私はヤボ用があったため、会場の「朝日新聞本社・読者ホール」に到着したのは18:20頃だったかな。その時会場はすでに満席状態で、私は一番後ろの席で一人ひっそりと聞いておりました。

このイベント用に作成されたと思われるプリントを中心とした「各特急シリーズのプチ講座」、「教えて先生、Q&Aコーナー」、さらに「誤植のお詫び会見(笑)」と続き、最後に先生方のサイン会&握手会まであるというアイドル並みの構成で、短い時間でしたが、たいへん楽しく過ごさせていただきました。あと、会場で声をかけて下さった参加者の方々ありがとうございました~。とても嬉しかったです。

f:id:akikomusic:20091219202150j:plain

そうそう、最後の最後に朝日新聞出版の編集者である斉藤太郎さんから特急シリーズの続編のお知らせがありました。来年の8月後半頃だそうです。皆さん、乞うご期待!(写真はサイン会終了間近の先生方(花田先生は左の方で熱心に質問にお答えされていたため、写っていません))。

帰りの日比谷線の中で、遅刻して聞けなかった「読解特急」の講座で使用されたプリントを何気なく取り出して読んでいたら、思わず吹き出しそうになりました。だって、選択肢がこんなの(↓)何ですもの~。もう問題文読まなくても正解できちゃいますから~。
 Q1.この手紙の目的は何ですか?
       (A) 著者3人のサインをもらうため
       (B) 著作権について著者たちに警告するため
       (C) 本のいくつもの誤植について苦情を言うため
       (D) 購入に対する返金を求めるため
 Q2.手紙の中で斉藤太郎さんについてわかることは何ですか?
       (A) 彼は本の編集者である
       (B) 彼は本の売上に満足していない
       (C) 彼は今東京で行われているイベントに参加している
       (D) 彼はインターネットにアクセスできない
本番の選択肢とはかなりかけ離れていますが、あまりにもお茶目すぎて笑えます。TOEICオタクチームのアイロニーとユーモアに「山田くん、座布団三枚!」