読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

おめでとう!ニューオーリンズ・セインツ43年目の初制覇

Sports Music World

10953_photo01 今日(現地時間だと2/7)は、アメリカンフットボールリーグ(NFL)の全米チャンピオンを決める1戦「第44回スーパーボウル」の日。日本には余りなじみのない大会だと思うのですが、アメリカ人にとってはそれこそ一大イベントらしく、スーパーボウルまでの1週間は"スーパーボウル・ウィーク"と呼ばれてアメリカ全土がスーパーボウル一色に様変わりし、テレビの視聴率も40%以上、視聴者数では約1億3千万人以上と、国民の2人に1人が生で観戦しているとか。

私は以前勤めていた会社で、NFLの公式ユニフォームを取扱っていた関係で、スーパーボウルのことは毎年少しだけ気にかけてましたが、今年は私の注目度合いがかなり違います。なぜなら私の愛すべき街ニューオーリンズを本拠地におく"ニューオーリンズ・セインツ"が、スーパーボウルに初めて出場するからです。そして大方の予想を覆し、見事31対17でインディアナポリス・コルツを下して、創設43年目で初優勝[E:crown]を決めました!5年前のハリケーン・カトリーナの被害で本拠地"スーパードーム"が使えなくなり、お隣テキサス州のサン・アントニオなどでホーム・ゲームを実施したことも。ハリケーン・カトリーナによる被害の心の傷が今でも残るニューオーリンズの復興の象徴としても是非とも優勝して欲しかったのです。おめでとう、セインツ!おめでとうニューオーリンズ

800pxnavyfloodedneworleans_3 2002年4月末にニューオーリンズに初訪問した時の大興奮の話&失敗談は以前の記事にも書きましたが、その後2005年4月末に再び"New Orleans Jazz & Heritage Festival Jazz Festival"に行くことができました。そしてその年の8月29日に「ハリケーンカトリーナ」が上陸し、ニューオーリンズは堤防の決壊を受け、街の約80%が水没。あの時カトリーナの避難所(避難民のほとんどがアフリカンアメリカン)となっていたのが、今日初優勝をもぎとったニューオーリンズ・セインツのホームスタジアム"スーパードーム"でした。人種差別の問題が浮き彫りになった避難所前での映像は日本のニュースでも何度も流れてましたので、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?私は現地の友達の安否やニューオーリンズの被害状況が知りたくて、毎晩遅くまでCNN(←25:00を過ぎると同時通訳がなくなるので聞くのが必死)にかじりついていたので、今でも映像が頭にこびりついています。(写真:カトリーナ直後の水没したニューオーリンズ市街。中央は屋根の一部が飛ばされたスーパードーム)

カトリーナ後のニューオーリンズをどうしても見ておきたくて、2006年の4月末に三度(みたび)Jazz Fest時期にニューオーリンズへ。テキサス在住の友人の運転で、ハリケーン・カトリーナの被害の最もひどかったNinth Wardという地域に行ってみましたが、カトリーナから9ヶ月も経過していたのにもかかわらず、ライフラインがほとんど復旧しておらず、まだ誰も住める状態ではない無法地帯のままでした。日本では考えられないアメリカ政府(当時ブッシュ大統領)の対応の悪さに憤りを覚えましたね。

あのハリケーン・カトリーナから今年で5年。今日のセインツのスーパーボウル初優勝の快挙を知って、元気になったニューオーリンズをますます見てみたくなりました。今年の4月末は久しぶりにJazz Festに行こうかな。 

アワ・ニュー・オリンズ

アワ・ニュー・オリンズ