赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKOのお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

"Smooth Criminal"は空耳の宝庫?

この時期私が楽しみにしているテレビ番組企画のひとつに"タモリ倶楽部"の「空耳アワード」があります。4月9日の放送で「空耳アワード2010」が決定していましたね。受賞曲は1994年にも受賞したことのあるマイケル・ジャクソンの"Smooth Criminal"。二回もアワード受賞とは"Smooth Criminal"は空耳の宝庫なのかも~。(歌詞全文はこちら)

今回の受賞部分は1番の出だし部分で、オリジナルの歌詞は"As he came into the window, it was the sound of a crescendo"、空耳は「朝からちょっと運動 表参道 赤信号」(You Tubeの1:27-1:30部)。タモリ倶楽部空耳アワーを見たことがある方はご存じだと思いますが、このコーナー、空耳も然ることながらそのバックで流れる制作映像にかなり影響されていますので、文字にすると面白味のインパクトにかけますね。この映像効果ってすごいなと思うのは、一旦映像を見ながら空耳の歌詞を日本語で見ちゃうと、もうそれにしか聞こえないってところです。こういう現象って心理学的な専門用語がありそうですね。知っている方いらしたら教えて下さい。

ちなみにこの"Smooth Criminal"が1994年に受賞した空耳は、歌詞も存在しないイントロのマイケル特有のAw!とかCha!のところで、受賞空耳は「パン…茶…宿直」(You Tubeの1:06-1:21部)。この時の空耳の映像が爆笑ものだったんですよねえ。

それにしても"Smooth Criminal"のPromotion Videoはいつ見てもかっこいい。特に6:28からのダンス部分。マイケルの真似をしてダンスする男の子もとってもキュート! 

バッド(紙ジャケット仕様)

バッド(紙ジャケット仕様)