読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

Zydecoのリズムは止まらない@池袋FREE FLOW RANCH

Music

P11204181_4 季節の変わり目なのか、はたまた仕事のストレスなのか、先週辺りから体に発疹ができて困っています。しばらくライブに行っていないのが体によくないのかも・・・。ってことで久しぶりにライブへGO!ご飯のとってもおいしいお店"池袋FREE FLOW RANCH"で、我が愛すべきザディコバンド"Zydeco Kicks"のワンマンライブを堪能して参りました。

折りしもニューオーリンズは先週金曜日(4/23)から今週日曜日(5/2)までNew Orleans Jazz & Heritage Festivalの真っ只中。先週、友人たちの何人かが飛び立っていきました[E:airplane]。羨ましい~。きっと空気が肌にまとわりつくようなルイジアナの蒸し暑~い空の下で、朝から晩まで音楽三昧のことでしょう。みんな、お土産話待ってるわよぉ。

でもこちらの「日本でお留守番組」も負けずにしっかり盛り上がってました。Rockin' ShoesのドラマーEntaさん、Rock 'N' Roll Gumboのキーボーディスト密林さん、今年は珍しくこの時期ニューオーリンズに行っていないN.Morishimaさん、他にもZydeco Kicksのライブでよく見かけるお顔たくさんありで、Zydecoのリズムで熱気はムンムン、ギター西田さんの「ザディコカッティング(由武さん命名)」も絶好調!日本に居ながらも気分はすっかりルイジアナです。

Zydeco Kicksライブの近頃の名物イベントは「ラブボード回し」。予備のラブボードがお客さんに回ってきて、回ってきた人は強制的に参加させられます(ラブボードという楽器がどんなものかわからない人はWikiを見てね)。簡単そうに見えるけれど、やってみるとこれがなかなか難しい。いつも歌いながらそして踊りながら軽快にリズムを刻んでいるラブボード1号2号(Fumika&Marico)はすごいわあ~。ちなみにラブボードのラブは「love(愛)」じゃなくて「rub(擦る)」です。なので、スペルはrub-board。お間違いなく。でもTOEICには絶対出ません(笑)。

Squeezebox_night_vol_4_3 そういえば会場で耳寄りなお知らせを入手しました。7月17日(土)に"SQUEEZEBOX NIGHT Vol.4"というステキなイベントが赤坂の"CRAWFISH"というライブハウスで行われるそうです(右のFlyer参照)。「Zydeco Kicks」はもちろんのこと、大阪からHonorioさん率いる「Conjunto J」も参戦とのこと。ルイジアナミュージック、テックスメックスサウンドに興味のある方、かなりお勧めです。ちなみにSQUEEZEBOXはアコーディオンのこと。squeeze(~を絞る、~を強制する)はTOEICにも出そうな単語ですね(←しつこい)。

【曲目】
<1st Set>
  1.Nonc Adam
  2.Tell Me What You Want
  3.Chere Ici~Midland
  4.Dog Hill~Johnnie Billy Goat
  5.Uncle Bud
  6.Trailride
  7.Cher Catin
  8.Fais Pas Tout Ca!
  9.Allons A Lafayette
10.Richard 2Step
<2nd Set>
  1.Hee-Haw Breakdown
  2.Zydeco Cha Cha
  3.Peper In My Shoe
  4.Oh Yae
  5.Tit'mondo
  6.I Got Loaded
  7.Oh, Mom!
  8.Lula,Lula Don't You Go To Bingo
  9.Jolie Blon
10.Motor Dude Special
11.Oh, Bye-Bye
<アンコール>
Everybody's Dancin'

【メンバー】 Zydeco Kicks
中林由武(アコーディオン、ボーカル)
西田琢(ギター、フィドル)
竹内靖人(ベース、フィドル)
諸星聖臣(ドラムス)
竹内文科(ラブボード、トライアングル)
中林麻里子(ラブボード、トライアングル)