読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

金哲彦さん奨励の「マッスル補強運動」開始

Health

オランダ戦の応援で声を出し過ぎたのか、はたまた風邪のひき始めなのか、昨日は喉がとても痛くて泣く泣く外出を控えたAKKOです。

私の場合、元々喉が弱く、喉を痛めると高熱が出やすいので要注意なのですが、昨年8月末から始めたジムでの筋トレが週3回ペースで継続できているせいか(関連記事こちら)、本格的な風邪というものをほとんどひかなくなりました。近頃は何日か運動で汗をかかない日が続くと気持ち悪いという感じがしていますので、習慣っていうものは面白いですね。三日坊主グセのある私なのに自分でも意外です。TOEIC勉の効果かな。

で、昨日は家で何かができないかと思っていたら「カラダ革命ランニング(講談社)」という本があったことを、とあるきっかけで思い出しました。この本の著者である金哲彦さんは、前の会社で商品アドバイザーをして頂いていた関係で、何度か会社に来て下さっており、社員に一冊ずつこの本を下さったのです。当時はあまり走ることに興味がなかったのですが、今はジムにも通っているので、当時読んだ時よりも本を読む眼差しは真剣です。 

カラダ革命ランニング (講談社の実用BOOK)

カラダ革命ランニング (講談社の実用BOOK)

 

この本の中で早速昨日から日常生活に取り入れてみたのが、体幹を使ってしっかり立てるようになる「正しい基本姿勢とプルダウン」です。正しい基本姿勢での歩行とプルダウンはいつでもどこでもできそうです。あと「体幹の筋肉を鍛える金さんの奨励の「マッスル補強運動①~⑩」もやってみることにしました。

①かかとの上下運動
②スクワット1
③スクワット2
④ツイスト運動
⑤腕振り
⑥足踏み
⑦腹筋1
⑧腹筋2
⑨殿筋の運動
⑩骨盤流し
やり方が図解されているのでわかりやすく、この中のいくつかは会社でも簡単にできます。この中でどうしても私がうまくできないのが⑦の腹筋1(仰向けの状態でひざを直角に曲げ、腰だけを持ち上げるというもの)。おそらく腹筋の力がないんですよね。しばらくは⑦はカットです・・・。この補強運動もジムでの筋トレと合わせて、これから続けていこうと思います。

体重はもちろん減らしたいのですが、それよりも筋力をつけて日々の基礎代謝量を上げたいと思っています。ジムでの筋トレや金さんのマッスル補強運動で少しずつでも基礎代謝量が増えていけば、飲んだお酒もすぐに消化することでしょう(笑)。