読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

パラグアイ料理(?)に初チャレンジ! ~エンパナーダ~

Foods/Recipe

今日は仕事で外出だったのですが、思いの外、仕事が早めに片付き、いつもよりかなり早く帰宅することができました。対パラグアイ戦を前にちょっと得した気分のAKKOです。

前回のデンマーク戦ではいいご当地料理が見つからなかったのですが、パラグアイ料理は検索してみると身近な食材でも作れそうなものが結構ありました。誰かのホームページに書いてあった「中の具材はラテンのノリで適当に(笑)!」の一言が決め手になり、「エンパナーダ」という料理を作ってみることに。この「エンパナーダ」、特にパラグアイ料理という訳ではなくて、南米全般の料理みたい。地域によって中の具材も外の皮もいろいろ違いがあるようです。

適当というコトバを拡大解釈して、冷蔵庫に残っていたクズ野菜を適当に切って、適当に調味料で味付けして、皮で包んで揚げてみました(普段"赤ちょうちん"は揚げ物厳禁なのですが、今日は特別)。本場の「エンパナーダ」は強力粉や薄力粉を使って外の皮(生地)から作るらしいのですが、そんな時間は全然ないので手っ取り早く餃子の皮を利用して作ってみました。赤ワインとの相性もよさそうですよ。では、いただきま~す!

調子に乗って作り過ぎてしまったので、明日からしばらくの間はお弁当行きですね。ちなみに今回作ったレシピはこちら↓。(といってもキーワードが「適当」だけに当てになりませんが・・・)

さあ、あともう少しでキックオフですね。なんだかそわそわしてきました。ガンバレ、ニッポン!

【エンパナーダ】
<材料>
餃子の皮     25枚くらい
合挽き肉     150g
にんじん     1/2本
ピーマン     2個
玉ねぎ      1個
ゆで卵      2個
にんにく     2かけ
オリーブオイル  適量
塩こしょう    適量
クミンパウダー  適量
カレー粉     適量

<作り方>
① にんじん、ピーマン、玉ねぎを荒みじんに切っておく。
② 熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくを炒める。
③ ②に合挽き肉を入れ、色が変わるまで炒める。
④ ③に①を入れて全体に火が通るまで炒める。
⑤ 塩こしょう、クミンパウダー、カレー粉で味を整える。
⑥ 粗めに刻んだゆで卵を混ぜる。
⑦ 餃子の皮に⑥を置き、半分に包む。
     (開かないようにフォークでギュっと押しておくといいかと)
⑧ 180℃の油でこんがりきつね色に揚げたらでき上がり。
※今回の具材はドライカレー+刻みゆで卵みたいな感じです。市販のサルサソースを付けて食べてみよっと。

f:id:akikomusic:20150923231443j:plain