読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

初レース完走のご褒美は"Encounter"ライブ@お茶の水NARU

Music

今朝、Twitterを何気なく見ていたら、今日Encounterのライブがあることを堀さんのtweetで知ったので、先週日曜日の初レース(10kmラン)完走の自分へご褒美も兼ねて、お茶の水NARUでライブを見てきました。お茶の水NARUってちょっと大人の雰囲気があって、接客もよくて、ステージまでの距離が近くて、そしてお値段がリーズナブルなので、私のお気に入りのライブハウスだったりします。そしてお気に入りの席があってなんかここに座るととっても落ち着きます。ただ私がNARUに来るときっていつも決まって雨なんだよなあ~。

今日は「Encounter2010秋ツアー」の最終日で且つ今年最後のEncounterライブ。ライブの前になんでも"JAZZ LIFE"の取材があったそうで、メンバーみんなの格好がいつもよりお洒落だったような・・・(←失礼?)。前回のライブで聴いた時にすっかり虜になったトリッキーな曲「Traveler」を今回も聞くことができて大満足。前回はどこがAメロでどこがBメロなのか道に迷っちゃってまさにTravelerになった私なのですが、今回はA-A-B-Aの曲構成を頭に入れて聞いたおかげで迷子にならなかったです。ちなみに拍構成はこれ(↓)ですって。複雑だあ~。
 A:7-7-4-4-4-4-5-5-5-5
 A:7-7-4-4-4-4-5-5-5-5
 B:7-7-7-7-7-7-7-7
 A:7-7-4-4-4-4-5-5-5-5
この曲、来年2月に発売されるアルバム「Traveler」(上のフライヤー参照)に入るとのことなので今から楽しみだな。

f:id:akikomusic:20160524131416j:plain

今回はメンバーの皆さんと話す時間もあっていろんな情報や裏話をいただく機会に恵まれました。堀さんがパリスマッチのサイドマンとして参加していること(そして韓国ではパリスマッチと同じくらい堀人気があるらしい)や広瀬さんは小学生時代からJAZZを聞いていてお友達と音楽の話が全く合わなかったこと(そりゃそうだ・笑)、高瀬さんが2011年からご自分のリーダーグループを始動されることなどなど。小さなJAZZライブハウスだからこそ味わえるステキな瞬間です。そうそう、今日のライブにNew Yorkから堀さんのお友達のJazz Musicianが遊びに来ていたのでアンコールに飛び入り参加。Jam Sessionとなりました。これもJAZZの醍醐味のひとつですね。これだからJAZZライブ通いは止められませ~ん。

【曲目】
<1st Set>
1. Stop and Go (堀)
2. Nature of Mind (浜崎)
3. Ocean of Dreams (浜崎)
4. Traveler (堀)
<2nd Set>
1. Wayne (堀)
2. Oslo (堀)
3. Time to Remember (浜崎)
4. Message from G (浜崎)
<3rd Set>
1. Atom (浜崎)
2. Quarter Man (堀)
3. The Shell (堀)
4. Groovy (浜崎)
<アンコール>
Straight, No Chaser (T.Monk)

【メンバー】 Encounter
浜崎航(Ts,Fl)堀秀彰(P)高瀬裕(B)広瀬潤次(Ds)
飛入りゲスト: Irwin Hall(As)Theo Croker(Tp)