読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

今年3度目のTOEIC受験は新しい試みで

TOEIC/English

今日は今年3度目TOEICを受験してきました。今回の会場は学習院大学。去年からTOEICに着手し今まで9回TOEIC公開テストを受験した中でスコアが下がった回が2回あるのですが、その2回ともいわゆる名門伝統大学での受験なんです(学習院大学早稲田大学)。このジンクス、なんとか払拭しなくては、と気を引きしめて教室に入るとそこには緑のマークシート用紙が・・・。またマイナー(Form:4GIC26)とがっくし。出鼻くじかれました・・・。今年は3回しか受験していないのにそのうち2回がマイナーフォームです。私の住んでいる辺りはマイナーフォーム多発地区なのかしらん?

今回、PART3&4で自分にとっては初めての試みを行ってみました。「音声(問題文)が読まれている間は一切文字を見ない」という方法です。Part1とPart2のDirectionの時にまずPART3&4の設問文のみをざーっと読んで(←どうせ忘れちゃうのですが、Part5をやる勇気はまだない)、Part3のDirectionが始まったら41-43の設問文の先読み、音声が流れてる間は問題用紙から顔を上げて音声だけに集中し、音声が終わったら選択肢を読んでマーク、そして44-46の設問文の先読み・・・という感じです。今までは音声が流れている最中に答えと思われる選択肢をマークシート上にチョンチョンと印をしていたのですが、この作業の間おそらく音声が聞き取れていないのです。本番前に模試で「音声の間は一切文字を見ない方法」を試してみたら、こちらのやり方の方が正答率が高かったので、今回は思い切ってこちらでやってみました。

先読みにかけられる時間がかなり減るので途中から設問文が先読みできなくなるのでは?問題用紙を見ないと先読みした設問を忘れてしまうのでは?せっかく聞き取った「木問題」をマークまでに忘れてしまうのでは?などなどいろんな不安がありましたが、全体的な聞き取れた感(内容把握度)は今回の方法の方があった気がします。結果はどう出るのかわかりませんが、次回もこれでいってみようと思います。この方法に慣れるために次回までにもっと訓練を積んでおこう。

Readingのtime-managementはいつものようにこれ(↓)でした。
13:45-14:00  Part5
14:00-14:06  Part6
14:06-14:26  Part7(DP)
14:26-15:00  Part7(SP)
今回はPart5、6まではほぼmanagementどおりでしたが、Part7のDPが終わったのが14:30とちょっと押してしまい、SPの2つのarticleに手間取って適当マーク注意報が発令されてしまいました。引き続き「解きまくれ!リーディングドリルPart7」で読解スピード強化に励みます。 

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7

 

TOEICの後は同じ会場だった方々と恒例のCafeでの答えあわせ。私以外は皆さまAクラスの方なので頼りになります。はい。それにテストが終わってすぐ答え合わせするとかなり記憶に残るので(特に間違った問題が)、今回のようなマイナーフォームの時はホント助かります!なぜだかよくマイナーフォームにあたる地域のようなので、来年もまた協力しあいましょうね~(って私は質問中心なのですが)。