赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKOのお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

【秩父巡礼その2】 秩父巡礼ランに行って来る

朝起きたら昨日とは打って変わってものすごく天気が良かったので、今日は秩父巡礼ランに行くことにしました。私はまだ走り始めたばかりなので、重い荷物はダメージが大きい!なので極力減らして、着替え、ポカリスエット200ml、おにぎり1個、お金、
ケータイ、そして忘れちゃいけない「納経帳」、これだけ持っていざ出陣です!(←大袈裟)。

今日のスタートは秩父鉄道和銅黒谷駅。駅の名前からも分かるとおり、この辺りの和銅遺跡からは日本最古の貨幣とされている「和同開珎」が発見されたこともあって、駅のホームには「和同開珎」のモニュメントがありました。

まずはこれを一撫で。前回の秩父巡礼ランで、5番・語歌堂さんから10番・大慈寺さんまでを廻ったので、空いたところを埋めるべく、今日はこの駅から1番・四萬部寺(しまふじ)さんを目指すことにしました。

四萬部寺さんは札所の1番だけあって、巡礼グッズがかなり揃っていました。天気も良いせいか参拝客も多く、白い巡礼着を着て杖を持っている若夫婦がいたりして本格的。ここで御朱印をもらっている時、お寺のおばあさんに「ここから2番さんまでは大変だよ、坂がものすごくきついからね、頑張って」と言われてちょっと怖気づく私…。

2番・真福寺(しんぷくじ)さんまでの約2kmは、おばあさんに言われたとおりのすごい急な上り坂で、全くランニングどころではありませんでした。というか、歩いて上っても大変です!細い山道で、徒歩で上っている人は私以外に誰もいないし、ハムストリングはだんだん張ってくるしで、心細くなりましたが、途中こんな(↓)手作りの看板にちょっと元気づけられました。

真福寺さんに着いた時は、ホッとしたのと同時に、山の上からみる秩父連峰がとっても綺麗で、めちゃ感動しましたぁ~。

f:id:akikomusic:20101204110301j:plain

この2番の真福寺さんには納経所はないので、ここから2番の納経所のある光明寺(こうみょうじ)さんまでの約2kmを、走って一気に下りました。気分はすっかり箱根駅伝の6区(=山下り)に起用されたランナーです。

途中、ものすごい急な下り坂もあるので、そこは前に転ばないように慎重に走りました。木々の間から受ける優しい木漏れ日と、自分が走るスピードで感じる風は本当に気持ちよかったです~。下りでは大腿四頭筋をちゃんと使えてよかったのですが、山を降りてきたらもう足がパンパン。

その後、3番・常泉寺(じょうせんじ)さん4番・金昌寺(きんしょうじ)さん11番・常楽寺(じょうらくじ)さんを廻りましたが、足が言うことを聞かないので、ランニング半分、ウォーキング半分となったのは言わずもがなです…。ふぅ~。

帰りのレッドアロー号で、西武秩父駅仲見世通りで買ったおやき(かぼちゃと野沢菜)を購入)とビールで遅めのお昼を食べつつ、パンフレットや地図を見ながら一人反省会。そして納経帳をリュックからひっぱり出し御朱印の匂いを思いっきり嗅ぎました。落ち着くわあ。

今日までで1番から11番までを廻り、秩父札所全34箇所のうちの1/3をクリアしました。残りは来年に持ち越しかな?仲見世通りのおばちゃんの話によると、20番以降は坂道・山道などの難所が多いらしいので、バスを使わずにどこまで行けるのか自分でもちょっと楽しみです。

【写真】11番:常楽寺御朱印

f:id:akikomusic:20101204160601j:plain