読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

2011年を振り返って  ~うに卵巻き~

TOEIC/English Life Foods/Recipe

今年もなんとかすべりこみセーフで間に合った「なんちゃっておせち」。自前で作る「田作り」「紅白なます」「栗きんとん」を先ほど作り終えました(残りは既製品)。今年生協から送られてきた大根はこりゃまた立派で、赤ちょうちんの女将の足並みに太かったです(苦笑)。おかげで「紅白なます」は例年の倍の量ができてしまいました。まあ、なますは低カロリーだし、大根に含まれるジアスターゼ(アミラーゼ)は消化不良を改善してくれるのでたくさんあっても問題ないっか。酢で調理しているから日持ちもしますしね。例年は自前作はこの3品だけなのですが、先日の冬のオフ会の際にお店の方に「だし巻き卵」のコツを教えていただいたので、そのアドバイスを参考に、頂き物の練りうに(びん詰め)をプラスして「うに卵巻き」を追加してみました(レシピは最後に掲載)。おだしが入るとやっぱり卵を巻くのが難しいです~。まだまだ鍛錬が必要ですね。何事も練習だ!

さて、恒例の今年を振り返るなのですが、生活面で言えば、3/11に起きた東日本大震災に尽きると思います。私は2月半ばから地方倉庫での応援勤務のオファーがあり、その最中の3/5に赤ちょうちんの移転もあって、自宅と応援勤務先を行ったり来たりのバタバタの生活の中、あの大震災が発生しました。妹家族、大叔父家族、伯母家族、従叔父家族と多くの身内が被災者となり、震災後、全く連絡が取れなかった間は胸が張り裂けそうな日々でした。

私自身は倉庫内で体験した恐怖に、不慣れな職場環境も重なって、地震直後から持病の「偏頭痛」に連日悩まされて、なかなか日常生活のリズムを取り戻せずにいましたが、周りで支えて下さった方々に改めて感謝するよい機会をもらったと思っています。瓦礫の処理や原発除染など東北の復興にはまだまだ時間がかかりそうですが、あの時の自分の感謝の気持ちを風化させることなく、私のできる活動を地道に続けていこうと思います。

勉学面で言えば、去年、おととしと違って今年は英語学習のみでした。1月のTOEIC公開テストで念願の800点を超えて自己ベストは更新したものの、その後は鳴かず飛ばすというか低迷が続いています。今年の目標にしていたAクラス入りには25点届かず着地です。TOEICスコアではListeningで弾けたいと思っているので、目下公式問題集Vol.4のPart4を暗唱中。仕事上では10月の異動で英語でメールを書くことが急激に増えました。Writingがルーティンに加わったことで、TOEICのスコアにも相互効果があるといいな。

最後にこの「赤ちょうちんでひとりごと」に訪問して下さった方々に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。そしてコメントを下さった方々、本当に感謝いたします。皆さまからいただくコメントのひとつひとつにとても励まされています。来年も自分が感じたり興味を持ったことを、飾らず自然体で綴っていきたいと思っておりますので、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。それでは、皆さま、よいお年をお迎え下さいませ~!

【うに巻き卵】
<材料>
卵          2個
練りうに(びん詰め)   大さじ1/2
★だし汁       大さじ1
★しょう油      小さじ1/2
★みりん       小さじ1/2
★塩         少々(うにが塩辛い場合は入れない)
サラダ油       適宜

<作り方>
① ボールに卵を割りほぐす(空気を入れないように切るように混ぜるといいかと)。
② 練りうにに★を加えて、うにの粒が残る程度に混ぜる。
③ ②を①に加えて軽く混ぜる。
④ 卵焼き器に油をなじませ、3回に分けて巻いていく(1回目の巻きの時にうにの粒を多めに入れるのがポイント)。
⑤ ④を巻きすに取って巻き、形を整えて冷めるまでおいておく(うちには巻きすがなかったのでクッキングシートで代用しました)。
⑥ 1本を四等分に切り、お皿に盛りつけてできあがり~。

f:id:akikomusic:20111231154100j:plain