読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

海外出張珍道中日記 ~タクシー編~

Travel

Logo_3普段のプライベート旅行の時は、お金の節約のため、空港からホテルまで行くのにタクシーを使わない私ですが、今回は半月ちょっとの滞在ということもあって荷物も大量でしたし、会社からは、空港からの移動にはタクシーを使ってもよし、ということだったので、Heathrow空港からホテルまでタクシーの予約をチャレンジしてみることにしました。

Confirmation_2私が利用したのはこのサイト。もちろん使うのは初めてなのでおっかなびっくりの予約です。まずはトップページの"Quick quote"欄にstarting point(Heathrow Airport)とdestination point(W8-Kensington)を選択してサイトに入り、次に車の種類を選んで、自分が乗る飛行機のフライト情報や泊まるホテルの住所等を入れ、最後に支払い方法を選択して、エイッと「bookingボタン」をポチリ。私が選んだ車は一番安いSaloon(4Passengers and up to 2Medium suitcases)で片道36ポンド、「往復」で予約するとさらに安くなることが入力途中でわかったので、一緒に予約したらそれは29ポンド、計65ポンドでした。空港から普通にブラックキャブを利用するとロンドンの中心部までは片道約50~70ポンドかかるそうなのでかなり割安です。しばらくすると右のようなconfirmationが送られてきましたが(これまたTOEIC単語満載ですね)、うまく予約できたのかなあと疑心暗鬼状態は続きます・・・。

このconfirmationに寄れば、Heathrow空港では私の名前を書いたgreetingボードを持った運転手さんが私をお出迎えしてくれるということになります。こんな経験は初めてなので、ちょっとドキドキ。Meeting Pointに指定されていた"Costa Coffee"の前に行ってみると、おじいちゃん運転手さんがボードを持って私を出迎えてくれてました。ちゃんと予約できてたぁ~。

予約時にちゃんとホテルの住所を記入していたのにもかかわらず、このおじいちゃん運転手さん、軽い挨拶の後、開口一番「ホテルの住所わかる?」とか聞くものだから「大丈夫なのかなぁ~」と最初ちょっぴり不安だったのですが、「今日のロンドンは天気が良いですね~」と言う私の問いかけに「さっきまでは雨が降ってたんだよ。ロンドンの天気はすぐに変わるんだ。女心と同じさ」なんて返しはなんだかとってもお茶目で、不安もすぐに消えました。イギリスでもそういう風に言うのね~、と妙に感慨深かったりもしたりして・・・。車内でおじいちゃん運転手さんが聞いていたのがダイアナ・クラールのこのCD(↓)だったこともあり、JAZZ関係の話をたくさん聞くことができたりして、なかなか楽しいタクシー内でした。音楽の力はすぐに国境を超えさせてくれますね。感謝!  

Live in Paris

Live in Paris