読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

嬉しいメールをいただく

Life

このブログを始めたきっかけが神崎正哉先生の助言でしたので、必然的にTOEICの記事が多いのですが(えっ?全然多くないって?・笑)、検索エンジンからこのブログを訪問して下さる方々で、グンを抜いて断トツに閲覧が多い記事は、実はこの記事なんです。受験日当日や結果発表の日には多くの方が見て下さっているようです。TOEICと違って「貿易実務検定」についてはネットでの受験情報がほとんどないため、私のつたないこの記事も検索にひっかかるんですね(そういえば私も受験する際に情報を集めるのに苦労したっけ)。

実はTOEICを通じて知り合った友人がこの検定試験にチャレンジしていました。あまりメジャーでないこの検定試験、TOEICで知り合った友人が受けるなんてなんだか嬉しくて、一足先に取った先輩風を吹かして、僭越ながら自分の使い古しの過去問題集や参考書などを進呈したのですが、昨日「貿易実務検定C級受かりました!」とのメールをいただきました。ご本人は奥ゆかしくって記事アップされていないのですが、同じ資格の合格が嬉しくって私が書いちゃいました~(ご本人承諾済)。

自分の勝手な思いこみかもしれませんが、資格取得って得た知識が仕事上のプラスになるだけでなく、TOEICのスコアも単独で持っている時よりそのスコアの意味合いが数段「生きたもの」に変わる気がします。柔道でいう「合わせ技一本」って感じでしょうか(ちなみに彼女のTOEICスコアは私の大先輩です!)。景気も安定しないこんな時代ですから備えあれば憂いなしかも?(←中村澄子先生のお考え風~)。TOEICで知り合った他の友人でも、専門の国家資格を仕事で活かしつつTOEICもがんばっている方、英語勉強を一時中断して国家資格にチャレンジされている方、TOEICと合わせて資格勉強もされている方、英語以外の他の語学試験に取り組んでいる方たちが周りにいて、長いスパンで大きく物事を捉えているステキ女子が多いです。女性はいろいろ大変なんですよ~(笑)。

この記事を書いた時に多くの方が下さったお祝いコメントはブログ記事の中でも私の宝物の一つで、今でも折に触れて大切に読んでいます。頂いた皆さんのコメント読むと、上(↑)に書いた私の勝手な思いこみもどうやら「当たらずと雖も遠からず」と言えるのかもしれません。それにしてもこの記事にコメント下さった方々って今をときめく大御所メンバー揃いですね。今となっては恐縮至極に存じます。

Anyway、合格おめでとうございます。そして連絡をくれて嬉しかったです~。またTOEIC一緒に受けましょ。今後ともよろしくお願いします!