読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

第184回TOEIC受験記  errata/corrections

TOEIC/English Trivia World

今年は台風の当たり年みたいで10月後半というのに27号&28号と2つも発生しましたね。今日のTOEIC会場はまたまた自分との相性イマイチの「目白大学」で、ここに行くには自転車移動は必須。これが使えないとなるとエラく遠回りになるため、台風の動向にはヤキモキしちゃいましたが、台風一過のいいお天気に恵まれよかったです(←移動手段だけはね)。

今回のフォームは4JIC28でメジャーフォーム。会場の建物はとても綺麗でしたが、段々になっている大教室にラジカセ1個の哀しいパターンでした。ここでいつものように私の全く当てにならない感触を一応書いておきますと下記のとおり。
Listening  Part1:普、Part2:普、Part3:やや難、Part4:普
Reading   Part5:やや難 Part6:やや易、Part7:普
(毎度書いていますが出来とは関係ありません・・・)。
今回は私はPart5でかなり手こずった気がします。14:00までに終えるところを3分も押してしまいました[E:sweat01]。難易度等に関しての有益な情報はこちら(OJiMさんRabbitさんOサンダーさんHBKさんVOZEさんJunさんkeikeikeiさんのブログ記事)をクリックして下さいね~(←他力本願寺)。

で、今回のPart5の中に中村澄子先生の"千本ノック6"から「The file contains (corrections) to・・・・・」が出題されていました(ここでのcorrectionsは「正誤表」の意味)。実は私は仕事上この「正誤表」を表す英単語をとてもよく使うのですが、correctionsが「正誤表」の意味を持つことはこの"千本ノック6"で初めて知ったんですよね~。では職場では何という英単語を使っているかというと"erratum"の複数形の"errata"です。職場だと「エラッタ」というカタカナ語で定着していて、今の業務に異動になった時に最初に覚えた専門用語のひとつだったように記憶しております。面白い音の響きなのですぐに覚えました。って、"errata"="corrections"の言い換え問題なんてTOEICでは絶対に出ないと思うので全くuselessな情報でした。失礼しました~。 

1日1分レッスン!新TOEIC TEST千本ノック!6 (祥伝社黄金文庫)

1日1分レッスン!新TOEIC TEST千本ノック!6 (祥伝社黄金文庫)

 

Halloween今の時期、どこのお店のウィンドウもなんだかハロウィン一色ですね~。私が子供の頃にはこんなに大きな行事ではなかった気がしますが、いつから日本にも定着したんでしょう。私はハロウィンと聞くと"Freeze"と"Please"を聞き間違って起こったとされている悲しい事件が頭をよぎります。"Freeze"に「動くな、止まれ」という意味がある、ということを初めて知ったのと同時に、陪審員12人全員一致の評決により正当防衛が認められて「無罪」となったことを知り、銃に対しての日本とアメリカの考え方の大きな違いに愕然としたのでした。このような悲劇が二度と起こらないことを祈るばかりです。

赤ちょうちんも世間の雰囲気に便乗してちょっこっとだけお化粧を。以前この時期のアメリカ旅行でウィスコンシン州の州都マジソン市を訪れた時に、地元のアンティークショップで購入したハロウィンプレートを押入れからひっぱりだしてきて、今飾っている秋仕様のリースの上に乗せてみました~。"Trick or Treat!"