読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

第188回TOEIC受験記&結果発表  ~ミニトマトの肉巻き~

TOEIC/English Foods/Recipe

英語学習仲間のRabbitさんの「TOEICブロガーの皆さん、ブログ更新してください(T_T)。」という文字のを目にしたので慌てて更新しているAKKOです。私のブログは「徒然日記」的なものなのでTOEICブロガーってわけではないのですが「更新をしてください」のあとの「男の涙」(←絵文字だけど)を見たら、赤ちょうちんの女将としけて更新しないわけにはいきません(笑)。3月末恒例のEvaluationの仕事が自分の中で最も苦手なこともあって、ブログネタの思考回路も滞っていたのですが、まったくもって今さらの1月TOEIC受験記と結果発表を書きます(場当たり的だなあ。Rabbitさん、すいません)。

フォームはメジャー(4KIC3)、会場は相性のいい新宿NSビルでしたが300人くらい収容の大々教室。そのせいなのか音響がものすごくこもっていて、音声係の人が間違えて1.3倍速で流してるんじゃない?と思ったくらいでした。音声チェックの時からイヤな予感はしていたのですが、案の定Listeningの結果は残念なことになってましたね。久しぶりにReading>Listeningです。Listeningの点数が環境に大きく影響されるようじゃまだまだです。いい要素としてはReadingが2受験連続で400点を超えていたこと。このおかげでボロボロのListeningの中でも800点陥落を免れたといっていいでしょう。ReadingはListeningより伸びるのに時間がかかるので、ここが420点以上で安定してくればいいな~。明日(4月TOEIC)はロンドン出張の可能性と重なる可能性があったのでスキップです(結局今回は私は行かずに上司のみ)。7月のNew Yorkか9月のフランクフルトの出張に向けてListening立て直します。Readingは上向きの兆しが出てきたので地道に一歩つづ頑張ろうっと。

188toeic

TOEIC、私にとっては「音楽」「料理」「ランニング」などの他の趣味と同じくらい好きなので、どんな結果に終わってもヘコたれず、楽しみつつも貪欲に取り組みたいのがAKKO流。私の趣味のどれが自分の生活から欠けても私が私でいられないので、限られた自由時間の使い方のバランスがとっても難しいのだけど、それもそれで楽しむことにしています。でも、私は器用な方でも天才肌でもないので、どの趣味も頑張ってもうまく行かなかったり、すんなり上達しなかったりで、凹むことも多いのですよね~。そういう時は迷わず他の趣味に避げちゃって、一旦気持ちを整えます。自分自身のことだしの短い人生だもの。与えられた自由な時間は限られているのだから、好きな趣味に充てられる時間は自分らしく精一杯楽しまないともったいないもん。

で、今日のおつまみは「ミニトマトの肉巻き」。このメニュー、以前赤ちょうちんでとあるイベントの打ち上げをした時に、お客様の一人からリクエストされたおつまみで、それ以来、赤ちょうちんの定番メニューとしてよく登場しています。今回、お肉をケチったせいでちょっと量が足りなかったのに、よく考えもしないでクルクルとミニトマトに巻いちゃったもんだから、ただの「トマト焼」も出現するはめになっちゃいました。自称赤ちょうちんの女将を名乗る以上、もっとしっかり考えないとあきまへんな。こちらも今日は失敗です・・・。凹むなあ。レシピだけはちゃんとしたものを載せておきまーす。

ミニトマトの肉巻き】
<材料>
ミニトマト      12個
豚ばら肉(薄切り)  12枚
塩・こしょう       適量

<作り方>
ミニトマトは洗ってへたをとる。
②豚バラ肉は塩こしょうをしっかり振る。
ミニトマトに豚バラ肉をくるくると巻き、手でぎゅっと握ってカタチを整える。
④フライパンを中火にかけ、フライパンが熱くなったら③を入れる(肉の巻き終わりを下にするのがポイント)。   
⑤転がしながら焼いて、豚肉に火が通ったらお皿に盛ってできあがり~。
※トマトの汁が熱いのでやけどに注意して召し上がれ~。