読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

「ここ?そこじゃない!どこですか?ここですよ」  ~ゴルゴンゾーラのペンネ~

Music Foods/Recipe

「ここ?そこじゃない!どこですか?ここですよ。ウッ!」
これを見て「あっ、私も見てた~」とピ~ンと来た方。あれ、斬新な教えて方が面白かったですよね~。変なこと考えちゃったそこのおじさまたち。即退場して下さ~い(笑)。

というのは冗談として、これは昨日までNHK-Eテレで毎週水曜日に放送されていた「趣味Do楽 "塩谷 哲のリズムでピアノ"」の中でラテンの超有名曲「マンボNo.5」の譜面教え方に使われていた言葉です。んんん?と思ったのはこの番組どうやら再放送らしいんです。私としたことがなんでこんなJAZZ系の番組を見逃してるんだろうと思ったら、初放送時は入院していた時だったんですね~。納得。

f:id:akikomusic:20150730115452j:plain 

で、この記事のタイトルの「ここ?そこじゃない!どこですか?ここですよ」ですが、これは「マンボNo.5」の出だしの部分の教え方に使われていたラテンに弱い日本人への秘策方法です。「マンボNo.5」の有名なフレーズであるこの出だしの部分ですが、実はとっても難しいんです。まずは鼻歌で歌ってみて下さい。↓ YouTubeの最初のフレーズです。


Big Band Maracaibo - Mambo No.5 - YouTube

ねっ。絶対ズレちゃうでしょ? で、ここで登場するのが先程の「ここ?そこじゃない!どこですか?ここですよです。譜面で書くと↓この部分ですね。

f:id:akikomusic:20150713145502j:plain

この「ここ?そこじゃない!どこですか?ここですよ」を頭に入れてからこの出だしの部分を鼻歌で歌うと、あ~ら不思議。あの難しい出だしの部分が歌えるじゃぁあ~りませんか。さすが塩谷さん。It's Magic!教え方上手いなあ~。この「塩谷流日本語への変換術」に感動!

ちなみにこの曲「マンボNo.5」は「2-3のクラーベ」のリズムですね。クラーベはスペイン語で「鍵」の意味。ラテンでは「サビ」のことは「モントゥーノ」と呼ばれてます。以前このブログに「日本人の血」という記事を書いたことがありますが、日本人にとってホントにラテンに難しいですね。よかったらこの記事も読んでみて下さいね~。

この流れでレシピのラテン系で!と行きたいところなのですが、私にそんな芸当ができるわけもなく…。超簡単な「ゴルゴンゾーラペンネ」でものせておきます~。芸がなくてすいません。

ゴルゴンゾーラペンネ
<材料>
ペンネ        150~180g
ゴルゴンゾーラ    1個
牛乳 or 生クリーム    100~120cc
黒こしょう      適量
塩          適量

<作り方>
1. 沸騰したたっぷりの湯に塩を入れてペンネを茹でる。
2. ゴルゴンゾーラと牛乳(または生クリーム)を鍋に入れ、ごく弱火にして溶かしていく。
3. 1で茹で上がったペンネを2のゴルゴンゾーラに加えてペンネに絡め、黒こしょうと塩で味を整えたらでき上がり~。

f:id:akikomusic:20150706141411j:plain