読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

夏の帽子を編んでみる

Handmade

おととい北陸でも梅雨明けしましたが、関東甲信越はまだですね。北陸が関東甲信越よりも早く梅雨明けしたのは、2003年以来13年ぶりのことだそうです。これも異常気象なのかしら?

梅雨明けしたら一気に暑くなるという予報も出ています。日差しによる紫外線はお肌の大敵なので夏の帽子を編んでみました~。じゃ~ん。↓ これで~す。むむっ、誰ですか?「お肌はもう無駄なのでは」とか言っている人は。

f:id:akikomusic:20160724110321j:plain

今回ユザワヤさんで購入したのは「エコアンダリヤ」という夏用の毛糸、「テクノロート」という形状保持できる素材、そして「熱収縮チューブ」の3つ。どれも初めて使うモノでした。ツバのところにこのテクノロートという形状保持する毛糸を編み込んでいるので、写真右のようにツバを上向きにするとそれをキープすることができるんです! 編み物の世界もいろいろ進歩しているんですね。モノつくりニッポン、素晴らしいです!

f:id:akikomusic:20160717110048j:plain

編み方はhappyknittingmamaさんのこの動画を参考にさせてもらいました。この動画によると22段目で帽子の深さを調節できるとのこと。私は深めの帽子が欲しかったので、動画よりも8段増やして編んでみました。これならの日差し除けに役に立ちそうです。happyknittingmamaさん、分かりやすい動画をありがとうございます~(←勝手に御礼)。 

「夏の帽子」編み方早見表 AKKO編