赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKOのお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

ヘルプマークを知っていますか?

私には3年半前から半盲という視野障害があり、右目の右半分と左目の右半分が見えていません。逆に言うと半分ずつは見えているので、通勤等々の歩き慣れた道ならまあなんとか歩けるのですが、相手からは私の視野障害が分かりにくいために、怖い!!と思う行為に出くわすことがたびたびあります。

そんな中、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方など、外見からは分からなくても、周囲の方の配慮を必要としていることを分かってもらうヘルプマークというものがあることを昨年知りました。

f:id:akikomusic:20180125163659j:plain

このヘルプマーク平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で配布を開始し、その後東京都では、全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線日暮里・舎人ライナーゆりかもめ多摩モノレール、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院で配布しているそうです。そして現在は、東京都や近畿の自治体のほか、北海道、青森県、栃木県、神奈川県、岐阜県徳島県愛媛県広島県にも普及し、昨年7月にはJIS(日本工業規格)にも追加されました。

昨年11月に毎日新聞のニュースに下記のような記事が載っていました。そこに
「行政任せにせず、利用者がブログなどでマークを身につけた感想などを発信すれば普及が進むはず」
と書かれてあったのを見て、このヘルプマークの普及の貢献になればと、私も今回ブログ記事にしてみた次第です。

世間的にはまだまだ認知度が低いこのヘルプマーク。もしヘルプマークを身に着けた方を見かけたら、その方は何かに困っているかもしれません。温かい思いやりのあるお言葉をお願いできたら嬉しいです。マタニティマークのように、このヘルプマークも多くの方々に浸透していったらいいなぁ~と思っています。

このヘルプマークに関してですが、大晦日前日に心がほっこりするステキなことがありました。電車に乗ってしばらくすると、1人の高校生がさっと立って席を譲ってくれました。そこで隣の席になったその高校生の部活の顧問の先生と武道話で盛り上がり、思いがけず心温まる楽しい40分の旅となったのです。

群馬県立富岡高等学校 柔道部 御中】
顧問の先生&部員の皆さまへ
先日、御校の柔道部の皆さまと同じ電車に乗り合わせた物です。私のヘルプマークを見て、さっと席を譲ってくれた主将さん、ありがとうございました! きっとステキな大和男児になることと、なんだかワクワクします! これからは御校柔道部の応援団になりますね(^^)v。頑張れ、富岡高校柔道部!