読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

雨の降る寒い夜に熱い演奏を堪能@御茶ノ水NARU

Music

今日の東京は一日中雨[E:rain]。気温も朝からほとんど上がらずに寒かった~。そんな日の夜はやっぱりホットウィスキー+Jazzよね、っと大人の雰囲気の漂う"御茶の水NARU"で、ジャズドラマー広瀬潤次さん率いるバンド"SOund of JAzZ"の熱い演奏で心暖めてもらいました。

Pb170213_2 この"SOund of JAzZ"というバンド、私が好きなところはなんといっても広瀬さんのオリジナル曲のかっこよさとドラミングの素晴らしさなのですが、女性陣の力強い演奏も魅力のひとつです。4人編成のうち2人が女性というのはJazzのバンドの中でも珍しいんじゃないかしら。広瀬ワールドの中でやんちゃ娘たちの自由奔放な生き生きとしたプレイには躍動感がありますね。太田さんのブローしたフルート、片倉さんの迫力のあるピアノ、昨日も炸裂しておりました。写真は休憩中のお二人(左:太田朱実さん、右:片倉真由子さん)。

今回もたくさんの広瀬さんのオリジナル曲を演奏されていましたが、最後の曲"The bridge of the rainbow"はホントかっこいい!"ポリリズム"という単語が当てはまるのかよくわからないのだけれど、3拍のリズムの上に4/4のメロディーにが乗っかってる(ように私には思える)ところは、独特のリズムに浮遊感が加わってゾクゾクしてしまいます。ドラマーの広瀬さんはどうやって作曲されてるんだろうとお聞きしてみたところ、ピアノで作曲されるのだとか。なんでもできちゃうんだなあ~。

それにしてもリーダーの広瀬さんは北は北海道から南は九州まで(おまけに韓国にも)、ここ何ヶ月かツアー続きで大忙しだそうです。さすが引っ張りだこドラマー。週末も旭川で行われるイベントにゲストとして出演されるのだとか。私は父方の本家が旭川で商売をしているため、幼少から旭川には何度も行っているのですが、こってり味の「蜂屋」のラーメン[E:noodle]がお勧めです。最近神楽坂にも支店ができました。機会がありましたら皆様も是非ご賞味あれ。

【曲目】
<1st Set>
1. Keep your heart open (広瀬)
2. Blues is ... (広瀬)
3. Keep your sprits high (広瀬)
4. Just one of those things (C.Porter)
<2nd Set>
1. Swing like Monk (広瀬)
2. All the things you are (J.Karn)
3. Stompin' at the savoy (B.Goodman/C.Webb/E.Sampson)
4. The passionate life (広瀬)
<3rd Set>
1. No.3 (L.Williams)
2. I got rhythm (G.Gershwin)
3. The happiest day (広瀬)
4. The bridge of the rainbow (広瀬)
<アンコール>
Moanin' (B.Timmons)

【メンバー】SOund of JAzZ
広瀬潤次(Ds)片倉真由子(P)本川悠平(B)太田朱美(Fl)