読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

歴史と食文化の街、全州を訪ねる

Travel

ようやく遅い夏休みを取ることができたので、ソウルから南に約230kmのところにある全羅北道の道都「全州(전주=チョンジュ)」を訪れてきました。金浦空港から全州までは直通の高速バスが出ているので往路はこれを利用してみることに。金浦空港から約3時間半の高速バスの旅です。韓国語の基本母音は10個あり「全州」の発音はネイティブでも何度か聞き返されるそうなので、「전주」と書いた紙を見せてバスチケットを購入。高速バスは一度乗ったら取り返しがつきませんのでこんな私でもここは慎重です。途中で立ち寄るサービスエリアの「亭安(정안=ジョンアン)」でも乗り込むバスを間違えないようにナンバーの確認して無事に終点の全州に到着。毎度のことながら自分の中のあらゆる外国語を駆使するとなんとか目的地に辿り着くものです。今回利用した高速バスはリクライニングも130~150度くらいは倒れるし、前の座席との間隔もかなり広くて快適でした。しかも料金は片道21,000ウォン(約1,550円)って安いよなあ~。

Bibimba_4 全州市は「食は全州にあり」と言われるほど韓国の中でもご飯がおいしい場所で、お馴染みのビビンバも全州生まれのお料理です。もちろんビビンバはいただきました。注文したのはビビンバだけなんですがこんなに(写真右)たくさんのパンチャン(おかず)が付いてくるのも韓国料理の特徴です。そしてもうひとつの全州名物としての「マッコリ」を赤ちょうちんの主(あるじ)としては見逃す訳にはいきません。全州市にはいろんなところに「マッコリタウン」と呼ばれる酔いどれ地区がたくさんあって、全州市が配布している「マッコリのマップ」という観光地図を見ても7ヶ所も存在します。せっかくなのでソウルのお店ではあまり飲むことのできないマッコリの上澄みのお酒「マルグンスル」を注文しました。このマルグンスルはマッコリに比べてすっきりと飲みやすい味わいです。

Makorli でもって、注目すべきはこの全州マッコリタウンの発注システムです。素晴らしいというのか適当というのか、
1) マッコリがヤカンで出てくる。(ラグビーのドラマに出てくるような大きなやつです)
2) メニューはマッコリとマルグンスルしかない。
3) 人数に関係なくヤカン1杯が15,000ウォン(約1,100円)
なのです。2)についてもっと詳しく書くと、マッコリ(マルグンスルを含む)を注文すると自動的におつまみ料理が続々と登場してきます。要するにおつまみ料理はマッコリの代金に含まれていて無料、そしてヤカンを追加注文するとまた違ったおつまみ料理が運ばれてきてくるみたいです。今回は1ヤカンしか飲めませんでしたので15,000ウォン也。お店によっておつまみの内容は少しづつ違うようですが、システムはどのお店も同じなんだとか。ところ変わればなんとやらでなんかだか豪快そのものです。うまく写真を撮ることができなかったのですが、こんな感じ(写真左)です。

Jeonju 全州からの帰路は街の中心から少し離れたところにある全州駅(写真右)からセマウル号に乗ってみることに。ソウル(正確には龍山駅)まで3時間半の汽車の旅です。セマウル号テレビ朝日「世界の車窓から」でも見たことがありました。私が乗車しようとしたセマウル1122号には「特室」という車両があったので、ちょっとだけ贅沢してこちらを購入。日本でいうところのグリーン車といったところでしょうか。でも普通車が片道25,400ウォン(約1,900円)、特室車が片道29,200ウォン(約2,200円)でしたからホントに安いです。セマウル号の設備自体はお世辞にも豪華とは言えずボロい部分が多々あるのですが、なんか味があってどこか懐かしさを覚えますね。近頃は日本でも新幹線ばかりでいわゆる特急列車というものに乗っていなかったのでなんかとても新鮮でさほど速くないスピードで走る電車から見る田舎の景色をのんびりと眺めながらリラックスすることができました。

食べ物のことばかり書きましたが、全州は歴史や文化そして伝統工芸(韓紙)でも有名な場所なので、全州韓屋村慶基殿全州伝統韓紙院もちゃんと観てきましたよ(街のランドマーク豊南門は改装中で見られず)。でもありきたりのことしか書けそうもないので、興味のある方は貼ってあるリンクを見て下さい。って私もかなり適当だなあ~。