読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

"flammable"と"inflammable"は同義語

TOEIC/English

原因不明の高熱が続いたせいでせっかくの週末をふいにしたAKKOです。楽しみにしていた土曜日のランニングイベントやその他諸々のことがすべて台無し。体調管理は大切だとつくづく実感しました。でも続いた高熱の原因は一体なんだったのだろう・・・。

お医者さんの「安静」の言いつけを守って寝るしかできない中、唯一できるのは本を読むことぐらい。お布団の中でなんとか力を振り絞ってTOEIC本「極めろリーディング解答力」を読んでました。パッと開いたページにあった例文の中の単語"flammable"、何気に辞書で引いていたら関連語彙の"inflammable"という単語がなんとも紛らわしく、すっかり混乱したので、思わず布団から起きてカリカリとメモを取りました。とっくにご存知な方も多いと思いますが、自分の備忘録的にここにも書いておこっと。

一般的にはin-という接頭辞は否定を表すものなので、"complete(完全な)"⇔"incomplete(不完全な)"と同じ図式が成り立ちそうなのに、"flammable"の場合は"flammable"="inflammable"なのです(どちらも意味は「可燃性の、引火性の」)。というのも、この"inflammable"のin-は否定を表すものではなく、"in(~の中へ)"+"flame(炎)"→ inflame「火がつく」という動詞から来ている単語だから。では、"flammable"の反意語は何かというとそれは"nonflammable(不燃性の)"です。

さらに調べると、"flammable"の類義語である"combustible(可燃性の)"の反意語は"incombustible(不燃性の)"で、こちらは否定を表すお馴染みの接頭辞のin-で表されるんですって。あ~、なんて紛らわしんでしょう!(※周りをよく観察してみたら会社のゴミ捨てコーナーにこんなのが貼ってありました(写真)。でも「もやすゴミ」「もやさないゴミ」って日本語がちょっとヘンな気も・・・)

f:id:akikomusic:20110128120400j:plain

この"inflammable"という単語はネイティブでも混乱する恐れがあるので、英語圏でも基本的には"flammable"しか使われないそうです。"inflammable substance"を「不燃性物質」って勘違いしてぞんざいに扱って爆発したりしたら、それこそ大騒ぎですものね。TOEIC本番では"flammable"のclose meaning問題に"inflammable"が正解になるような問題は出ないと思いますが、海外旅行などでの日常生活では命にかかわる単語だけにしっかり覚えておく必要がありそうです(←私の場合)。 

極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6 (イ・イクフンのstep by step講座)

極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6 (イ・イクフンのstep by step講座)