読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

プロフェッショナル イングリッシュ「世界に通じる英語力」出版記念セミナー

失読症のため、TOEICの勉強会やセミナーに参加ができずとても残念なのですが、昨日の「プロフェッショナル イングリッシュ」の出版記念イベントは、私には有難い「話す」に向けてが中心でしたので、久しぶりに英語学習のセミナーに行くことができました\(^O^)/。 

プロフェッショナル イングリッシュ (BBT大学シリーズ)

プロフェッショナル イングリッシュ (BBT大学シリーズ)

 

 <プログラム>
・第1部
  国際舞台で活躍するための英語力
  『5行エッセイで自分の考えを伝える』
  講師:青野仲達氏
・第2部
  TOEICを使って英語の実践力をつける方法
  『語彙の習得とリスニング向上の秘訣』
  講師:花田徹也氏
・第3部
  会場参加者と講師2名によるフリートーク(質疑応答)
  講師:花田徹也氏青野仲達氏

 

第1部は青野先生の『5行エッセイで自分の考えを伝える』。自分の考えを相手に伝えるためのルールをお話して下さいました。簡単に書くとこんな感じです。

 序盤:結論を述べる   ←1行
 中盤:理由を3つあげる   ←2,3,4行
 終盤:結論を繰り返す  ←5行

こういう習慣を付けておくと誰が読んでもわかりやすい英文が書けるし、それを話す練習をすれば「貴方の英語はわかりやすいですね」と言われる英語が話せるようになります。by 青野先生

とてもシンプルなやり方で、私の場合なら「書く」のところを音声メモ等を使って工夫すれば出来そうですね。今の私の英語学習は4技能のうちの「聞く」「話す」である「会話学習」に特化していますので、この5行エッセイ法、会社での暇な時間にやってみようと思います。

第2部は花田先生の『語彙の習得とリスニング向上の秘訣』。TOEIC Part2のスクリプトを見ずに、耳だけでどれだけ細部まで聞きとれているか、というトレーニングでした。このブログを読んでくださっている英語学習者の方は、この方法をもうご存じだと思うので、ここでは内容を割愛させていただきます(詳しいトレーニングのやり方はBBT大学での花田先生のご講義や花田塾で体験できます)。ご講義の最後に、花田先生がアメリカ留学時代のこんな話をされていました。

私は勉強が好きな人間ではありません。何が好きだったのかというと洋楽が好きだったんです。なので、私の英語の先生は今でも洋楽だと思っています。留学時代に何してたかというと、歌詞カードを見ずにテキトーに歌ってたんですよね。例えば、スティーヴィーワンダーの歌は聞こえるままに「はま鮭(じゃけ)」って歌ってました。by 花田先生

スティーヴィーワンダーのこのお話は初めて聞いたのですが、音楽大好きな私は何の曲の話なのかすぐにわかりました。何故か?? それは私も同じ空耳で聞こえてそう歌っていたからなんです~(あ~、びっくらこいた)。ってか、こうにしか聞こえないんっですけどぉ~。

空耳といえば…。私がビートルズの中で好きな曲である「I Am The Walrus」の後半の歌詞が何度聞いても「髪の毛愛好会」と聞こえてしまい、髪の毛少なめのおじさま方が頭をよぎってしまいます…。あっ、AKKOの空耳の話なんてどうでもいいですね。失礼いたしました~。赤ちょうちんでもよくかかるこの「はま鮭ソング」、どうぞお楽しみ下さい。「はま鮭」の正体は一体何なのか? 気になる方のために歌詞も載せておきました~。この曲、後半の連続転調(D♭→D→E♭)がたまりましぇ~ん。 

 

「I Just Called to Say I Love You」 作詞/作曲:Stevie Wonder

No New Year's Day to celebrate
No chocolate covered candy hearts to give away
No first of spring, no song to sing
In fact here's just another ordinary day

No April rain
No flowers bloom
No wedding Saturday within the month of June
But what it is, is something true
Made up of these three words that I must say to you

I just called to say I love you
I just called to say how much I care
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

No summer's high
No warm July
No harvest moon to light one tender August night
No autumn breeze
No falling leaves
Not even time for birds to fly to southern skies

No Libra sun
No Halloween
No giving thanks to all the Christmas joy you bring
But what it is, though old so new
To fill your heart like no three words could ever do

I just called to say I love you
I just called to say how much I care, I do
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

I just called to say I love you
I just called to say how much I care, I do
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart, of my heart, of my heart