読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

海外出張珍道中日記 ~飛行機編~

Travel

Transatlantic_5今回の出張先はロンドンとニューヨークの二か所だったのですが、往復航空券で購入しないと安くならない、まあ一言でいえば「経費削減第一!」という会社都合から
<往路>
 Tokyo(成田)→London(Heathrow)
 London(Heathrow)→New York(JFK)
<復路>
 New York(JFK)→London(Heathrow)でのTransit→Tokyo(羽田)
と計4回のフライトを経験する羽目になりました。復路に至っては6時間フライトの後、3時間待ちのTransit、そして12時間フライトとなり、その都度時差も付いてくるので、今が何日で何時なのか訳がわからない状態でした。今回私と一緒に旅した腕時計も機内で何度もぐるぐると針を回されて、きっと目が回ったことでしょう(笑)。この記事つんつるてんさんからコメントを頂くまで気がつかなかったのですが、今回大西洋横断をする機会に恵まれたことになりますね。しかも二回もです。日本人だと大西洋横断を経験する機会は少ないと思うので、貴重な体験ができました。今回も二回のフライトとも日本人をゲートで見かけることがなかったように思えます。せっかくの記念飛行ということでHeathrow空港からJFK空港へ向かうゲートでパチリと一枚(写真左)。

Seat_4ちなみに今回は一番安かったBritish Airways(以下、BAと略)を全区間で利用したのですが、BAはホームページの"Manage My Booking"から24時間前Webチェックインで席を自由に選ぶことができます。エコノミーでの長時間フライトの場合、座る席はとっても重要なポイントです!4人掛けの真ん中の席などにあたってしまうと目も当てられません。エコノミーの「特等席」はやっぱり最前列の席ですよね。前に席がありませんから足元のスペースが広く取れます(写真右・イメージ写真)。今回はフライト24時間前にこのシステムを目敏く利用して、4回のフライトすべてで最前列の通路側という良い席をキープでき、おかげで機内でもよく眠ることができました。BAを利用される方はこのシステムでの席の事前指定を是非利用してみて下さいね(但し、最前列の席は小さなお子様連れの方が優先なので、赤ちゃんに遭遇することが多いです。子供が苦手の方は要注意)。

私が飛行機内で楽しみにしていることのひとつに隣人との一期一会があります。特に往路では機会に恵まれたらできるだけ英語で会話してみようと心掛けています。現地に到着してからの英会話のWarming Upになりますから。ずいぶん前にロンドンへ旅行に行った時も素敵な一期一会があったのですが(詳しくはこちら)、今回もまたとてもいい機会に恵まれました。

Two_pound_3最初のフライト、成田→ロンドンでの飛行機での隣人は日本在住のスリランカ人の方。英語がとても流暢でしたのでそのわけを質問したところ、MBAを取得するためにBostonに数年間留学されていたとのこと。今は日本で輸入のお仕事をされている傍ら、週末の空いている時間にTOFELの講師もされているらしく、私のつたない英会話にも随分と耳を傾けて下さいました。機内のcomplimentaryのワインも手伝って(結局二人とも4本づつ飲みました)会話もはずみ、12時間超のフライトを終えるころにはすっかり打ち解けましたね。ロンドンには何度も出張で来られているとのことで、約15年ぶりにロンドンを訪れる私に、ロンドン事情を教えて下さったり、おまけにタクシーのチップ用にと10ポンド紙幣を2ポンド硬貨に両替下さったりして本当に助かりました(2ポンドは紙幣でなくて硬貨なので(写真左)、成田の交換所では手に入りませんでした)。Heathrow空港でお別れする時「AKKOTOEICは書くTestがないから、メールでもなんでもWritingも取り込むと英語全体の力がもっとアップするはず。これからも英語の勉強ずっと続けてがんばって」とアドバイスまで下さいました。Many thanks, Mr.Kaw. See you soon in Japan!

ロンドン→ニューヨークの飛行機での隣人はNY在住のイギリス人の方。とても綺麗な発音の英語で聞きやすかったのですが、次々と質問をしてくるので返答にはタジタジでした・・・。その中で、エリザベス女王即位60周年記念式典(ダイヤモンドジュビリー)での天皇陛下英国ご訪問の話題になった時に聞かれたこの質問「ところで、日本の天皇陛下のFirst Nameは何とおっしゃるんだ?」、これに即答できない私に対して、相手の方はとても不思議そうな顔をしておられました。日本人なのになんで天皇陛下の名前も知らないんだ、おそらくそう思われたのでしょうね。「日本人は天皇陛下のことはお名前で呼ばないのです、天皇陛下(Emperor)とお呼びしています」と答えてみましたが、弁解に聞こえたかもしれませんね。海外に行く時は日本の基本的なことはきっちり押さえておかないと、と痛感しました。ニューヨークのホテルに到着してまず一番にしたことはこの確認だったことは言うまでもありません。現在の天皇陛下のFirst Nameは「明仁(Akihito) 天皇」。機内でとっさに出てきませんでした。日本人として恥ずかしい限りです。はぁ~、凹みます・・・。 

Sunglow_3今回4回すべてのフライトを足すと総フライト時間はなんと約37時間です。でもすべてのフライトで席が最前列だったし、英会話や映画(もちろんcomplimentaryワインも)を楽しんだりできたので、フライトの長さは全く苦にはならなくて、むしろ、羽田空港到着間近(朝4時頃)に飛行機の窓から朝焼け(写真右)を見た時は、その素晴らしい光景に感動したのと同時に、ちょっと残念な気持ちがしたくらいです。また海外旅行へ行きたくなってきちゃいました~(←あっ、今回は出張だったっけ・笑)。
<今回機内で見た映画>
 ハンガー・ゲーム
 ドラゴンタトゥーの女
 ブラック&ホワイト
 ミッション・イン・ポッシブル/ゴースト・プロトコル
 シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム