赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKOのお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

アイパー滝沢さんの編み物イベントで「パーさん小物入れ」を作る

先々週、牧野学院に行った時のことです。カヨ先生が「ねえ、AKKOちゃん。今度、芸人のアイパー滝沢さんを学校に読んでイベントやるんだけど、AKKOちゃん参加しない? 平日なんだけど、会社お休み取れないかしら」とのお誘いが。

ここだけの話(笑)、「アイパー滝沢」というお笑い芸人さんを私はその時初めて知ったのでした~。以前は「えんにち」というコンビだったそうですが、2017年12月31日に解散し、アイパー滝沢さんだけがピン芸人として活躍中とのこと。今まで知らなんだ~。さらに調べてみたらブログを発見。なんと、その名はアイパー滝沢の編み物ブログ『Amiburo』でした!超びっくり。

火曜日というのは、私たちチームでは1週間の中で最も仕事がモリモリな曜日なので、ちょっと会社をお休みしづらいなあと思っていたのですが、同僚に↑の話をしたら、「え~、それ、めちゃ面白そうじゃないですか。行った方がいいですよ。僕、その日のAKKOさんの担当分を代わりにやっておきますから~」と暖かい言葉が!なので、そのお言葉に甘えて、本日は会社を休んでそのイベントに行ってきたのでした~。

f:id:akikomusic:20190423222648j:plain

イベント会場ではなんでも聞いてOKということだったので、参加者からいろんな質問が出てました。その中でも驚きだったのが「なぜ編み物を始めたのか」です。私はアイパーさんのお母さまが編み物が好きで、小さいころから見よう見まねでやっていたんだろうなあ、と勝手に思っていたのですが、アイパーさんの答えは全く違ってました。

編み物のかぎ針と毛糸って「100均」で揃うんですよ~。お笑いだけで稼ぐのはなかなか厳しかったので、お笑い以外で稼ぐならこれしかない!って直感でひらめいたんですよね~。

ですって!その着眼点スゴイわ~。その後は、本を見ながら自己流でここまで来たそうです。確かに、アイパーさんの編み方が上手いかというと、この点だけは私の方が上手いかもしれないけれど、こんな作品を作ってみようというその「発想力」はめちゃめちゃスゴイと思いました。完成した作品をたくさん持ってきて、みんなに見せてくれたのですが、どれもユニークで面白い作品ばかりでした。等身大のマグロカバーを編んでみようなんて、普通は思わないですよね~。さすが、お笑い芸人さん!

f:id:akikomusic:20190423115833j:plain

で、イベントで編み図をいただいた「パーさんコースター」「パーさん小物入れ」「なりきりリーゼント」の中から、私がチョイスしたのがこの「パーさん小物入れ」です。顔と頭のはぎ型は牧野学院の斉田先生から教えていただいた「コの字とじ」でやってみたら、とってもキレイに仕上がりました~。

アイパーさん、明日からは、編み物で使う小道具を↓この「パーさん小物入れ」に入れることにしま~す。本日は楽しい講義をありがとうございました~。ライブやラジオも頑張って下さいね~。応援します。

f:id:akikomusic:20190423200507j:plain
※編み図を見たい方はこちらをクリック

<追記1>
アイパーさん今日のブログ記事にこのイベントのことがアップされていました~。これに載っている参加者みんなで撮った写真、みんないい笑顔(^^)v。サインもありがとうございます。

f:id:akikomusic:20190423154145j:plain

<追記2>
アイパー滝沢さんが編んだ巾着は2015年に「第25回ホビー大賞」のユニーク賞を受賞したんだそうです。その巾着も今回イベントに持ってきて下さいました~。巾着として使う以外に、かぶれば銀行強盗にも使えるそうです(笑)。