読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

「モノづくり」に救われる その3 「年賀状」

Rehabilitation Handmade

「だから、生きる。」という手記を出版されるシャ乱Qつんく♂さんの記事が昨日の読売新聞のP.32に掲載されていましたね。音を生業にしている方が声を失い、本に携わる仕事をしている私が文字を失う。神様の試練というのは実に皮肉なものです。病気の原因こそ違えどツラかった気持ちは痛いほどわかります。でも「できることから再出発する」しか道はないんですよね。凹むことの多い私だけど頑張らなくっちゃ。

「だから、生きる。」

「だから、生きる。」

 

(前回記事からの続き)
編み物の作品に拍車がかかる一方で、一向にやる気の出ない「文字の読み書き」。「文字の回復には時間がかかります」と先生方から言われていたので、急には伸びないことは自分でも分かっちゃいるんですが、読み書きを努力することをついつい先送りにしてしまいました…。というか、やると書けない漢字が多すぎてかなり凹むので、宿題以外は自ら進んではやりたくなかった、まあそんな時期でしたね。

12月に入ってスギちゃん先生と年賀状の話題になり「入院中だし文字も書けないし、今年は年賀状を書くのを見送る予定だよね」と話すと「毎年出してるのに今年から急に出さなかったらみんな心配すると思います。僕、手伝いますから、年賀状、一緒に書きましょう」との提案してきました。私は泣きたくなるくらいに文字が書けなかったので、その言葉を聞いた時「スギちゃん鬼だぁ~~!」と思いつつしぶしぶ承諾。編み物の作品に手書きの文を添える年賀状を出すことになりました。

まずは問題の手書きの部分を書いてみたのですが、私の文面がものすごく後ろ向きで「これだとすごく悪い状態だとみんな思っちゃいますよ。いろいろ出来るようになってるんですから、もっと前向きな文面にしましょう」とスギちゃん先生からあっさりダメ出しNGて即却下!さらに、手書きだと1文字書くたびに漢字が分からず、今までの4倍以上の時間がかかってしまいました。ますます凹み落ち込む私…。で、ここで忘れもしないスギちゃん先生の名言が登場しました。

4倍の時間かかったってちゃんと書けてますから、それでいいじゃないですか

そっかぁ~、確かにそうだ。時間が4倍かかってもやらないよりやった方が数段良いに決まってますもんね。Wordの操作を教えてもらいながら、超ゆっくりで漢字を間違えながら手書きで文字を書き、約半月かけてなんとか今年も年賀状を出すことができました。入院してから最初の手書きの文章です。スギちゃん、名言をどうもありがとね~。

<2015年 年賀状>f:id:akikomusic:20150909153811j:plain

実は、隠していた訳ではないのですが堂々と言う話でもないので、昨年7月末からず~っと入院していたことをほとんどの方に知らせていませんでした。なので、この年賀状で初めて私の入院を知った方が大勢いたんです。年賀状(or 年賀メール)を見てみんなかなりビックリして、お正月後に多くの方が病院にお見舞いに来てくれました。温かいお言葉や激励のお言葉や美味しいお菓子をいただいてとっても嬉しかったです。「言語ももっと頑張らなくっちゃなあ」と思い始めたのはお見舞いの励ましのおかげです。応援しに来て下さった皆さま、本当にどうもありがとうございました~!

次回「モノづくり」に救われる その4「料理」予定 "to be continued"