読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちょうちんでひとりごと

音楽を愛して止まないAKKO(晶)のお気楽なひとりごと。自分の好きなことや感じたことを徒然なるままに綴ってます。

チコリと言えばCafe Du Monde

Foods/Recipe Life

今年から赤ちょうちん園芸で初めて育てている「チコリ」。若い葉(写真右上)はサラダに使っていましたが、只今、薄青色のチコリの可愛らしい花が咲いています(写真右下)。

f:id:akikomusic:20160521092232j:plain

チコリと聞いてまずニューオーリンズが頭を過ったアナタは間違いなくニューオーリンズオタク(笑)。そう、チコリと言えばカフェデュモンドのチコリコーヒーです。ニューオーリンズを訪れた方は必ず立ち寄るお店と言っても過言ではないでしょう。もちろん私もニューオーリンズに行った際は必ず(しかもほぼ毎日)行っておりました。ニューオーリンスのカフェデュモンドは毎日24時間営業で、お休みはクリスマスとハリケーンが近づいた時だけだったはず。ほのかな苦味と深いコクがあるカフェオレがおススメです。ってお客さんのほとんどがカフェオレ注文していますが。

f:id:akikomusic:20160916103610j:plain

そして、カフェデュモンドでチコリコーヒーと同じくらい名物なのが「ベニエ」ですね。アツアツでちょっと懐かしい味で、カフェオレとの相性もバッチリ。

f:id:akikomusic:20160916103657j:plain

150年以上前にニューオーリンズのフレンチマーケットで生まれたカフェデュモンド。現在は日本にも10数店舗ほどありますが、ベニエの食べ方が大きく違います。ニューオーリンズで初めてべニエを食べた時は、粉砂糖の量とその食べ方にビックリ仰天!上の写真を見ると分かりますが粉砂糖がてんこ盛りなんです。これを床に落としながら食べるのがニューオーリンズ風だとか…。当然、床がベタベタ。まあ、アメリカっぽいっか。なんて書いていたらベニエを食べたくなってきましたぁ~。久しぶりに池袋店に寄ってみようかな。

「棒読みちゃん」と二人三脚

Life Rehabilitation

残念ながら2年前に文字を読む脳の部分がアタックされてしまったので、読み書きが不自由になってしまいましたが、音声合成で読み上げてくれるツール、その名も「棒読みちゃん」が私の代わりに文字を読んでくれるので、仕事もブログもなんとかやれてるAKKOです。

私の相棒の「棒読みちゃん」、私が苦手とする漢字はスラスラ読んでくれます。四文字熟語なんか得意中の得意です(^^)v。まあ、名前の通り「棒読み」なんですけどね…(苦笑)。一方、私が読むことが出来る「数字」は棒読みちゃんが苦手。例えが、
 棒読みちゃんの音声:「提案ゴツを紹介します」
 AKKO:「んんん?ゴツって何だ?」
と思って目で文字を追うと「5つ」のことでした~(笑)。「1つ、2つ、3つ 4つ、5つ …」は「いちつ、につ、さんつ、よんつ、ごつ …」って…。棒読みちゃ~ん、読み方全部間違ってますから~。残念!(←波田陽区さん風~)。

f:id:akikomusic:20160907003750j:plain

私が苦手なところは棒読みちゃんが得意。棒読みちゃんが苦手なところは私が読める。まあ、そんな感じで仕事もブログも棒読みちゃんと二人三脚でやっております。ちなみに…。2つ、3つは読めない棒読みちゃんですが、二人三脚はバッチリ読んでくれます。毎日読むのを助けてくれて、棒読みちゃんありがとうね! 

赤ちょうちんの時短レジカゴバック

Foods/Recipe Handmade

前々回の記事に書いたAKKOのなんちゃってダイエット方法の中に
・出張や外出が無い限り、ランチは作ったお弁当を持参する。 
・酒のつまみはなるべく自分で調理する。
があるのですが(←ホントになんちゃってだな)、これは入院する前も復職してからも変わっていません。「あれぇ?でもAKKOさん全然痩せてないよねぇ?」と思ったそこのアナタ。するどい!座布団1枚。

という訳で、そんな私がほぼ毎日スーパーで使っているお買い物バックを紹介したいと思います。名付けて「時短レジカゴバック」。ポリエステルの生地をミシンで縫って、ホックを付けて折りたたみできるようにしました。これです、じゃ~ん!

f:id:akikomusic:20160830220030j:plain

見た目はめちゃめちゃダサいのですが、ここは実用重視です。レジで会計する時、レジカゴにこれをセットして、それに商品を入れてもらえば、あとはそのまま持ち帰れるんです。買ったものをレジカゴからバックへ入れ替える手間が省けるのでとっても便利。ねっ、時短でしょ~。これでお酒を飲む時間も稼げるというものです(^^)v。

f:id:akikomusic:20160902170414j:plain

では、しばらくご無沙汰していたお待ちかねの(←誰が?)料理コーナーです。この料理、昔からよく作っていて自分では「鶏肉のトマト煮」とか読んでたのですが、調べたら「チリンドロン」というスペイン・アラゴン地方の郷土料理なんですって。知らなかったぁ~。これもお鍋1つできる簡単料理です。チリパウダーを加えるのがAKKO流。良かったら作ってみて下さいね~。

【チリンドロン AKKO流】 
<材料>
鶏もも肉    2枚
玉ねぎ     1個
ピーマン    4~5個
エリンギ    1パック
ホールトマト  1缶
白ワイン    1カップ
水       1カップ
コンソメ    2個
タイム     適量
塩、こしょう  適量
チリパウダー  適量

<作り方>
1.鶏肉は一口大に ピーマンはヘタと種を取って縦横の4等分に、玉ねぎは縦横6
等分に、エリンギは縦横8等分に 切っておく(野菜の大きさにより適当に切ってね(
笑))。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ、鶏肉に両面焼き色をつける。
3. 2.にピーマン、玉ねぎ、エリンギを加えて、ざっくりと炒める。
4. 水、白ワイン、固形コンソメ、ホールトマト缶を入れる。ここでトマト缶をしゃもじで潰しましょう。
5. 中火で30分くらい煮込み、タイムと塩こしょうで味を調えたら、チリパウダーを加えてできあがり~。

f:id:akikomusic:20160827114017j:plain